趣味を活かせる資格取得!旅行業務取扱管理者って?

自分の趣味を資格取得に活かしたいという人は少なくないです。その中で旅行を趣味としている人は数多くいるでしょう。

旅行を趣味としている人に挑戦してほしい資格が旅行業務取扱管理者です。旅行業務取扱管理者は国家資格で、資格取得率はあまり高くない難関資格と言うことができます。国内と総合の2つに分かれており、国内は国内旅行専門で総合は海外旅行も含みます。

資格の難易度としては、海外旅行を含む総合の方が高いです。だからと言って、国内が簡単というわけではありません。国内は3つの科目で60%以上取ることができれば合格で、それに対して、総合は4つの科目で60%以上取ることが合格となります。

旅行を趣味としている人で、国内旅行が好きな人は、国内を受験してみても良いですし、海外旅行が好きな人は総合を受験しても良いでしょう。旅行業務取扱管理者の資格を1人でも持っていれば、旅行会社を立ち上げることができますが、あまりに試験が難関であるため、この資格を持っていない旅行会社の社員もいるくらいです。

旅行会社の社員でもなかなか資格取得が難しいのに、一般の人はできるのかという疑問もあるでしょう。今は専門学校に行かなくても、通信教材で勉強することもできます。旅行業務取扱管理者の試験は年1回なので、腰を据えて1年間資格取得のために勉強すれば、一般の人でも合格することは可能です。

旅行会社の人は日常業務で手一杯になり、なかなか勉強に手につかないこともあるので、かえって一般の人の方が勉強の時間が取れるかもしれません。

もしも一般の人が国内でも総合でも資格取得ができれば、将来旅行業界への就職という道が開けるようになるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です