キャリアカウンセラーになるには?これからの時代に重宝される資格

キャリアアップ

キャリアカウンセラーは、キャリア形成や職業能力開発などに関する相談・助言を行う専門家です。一般的に転職活動を扱っていて、仕事に対する対価を認識したり熟知しているエキスパートと言えるでしょう。

れっきとした国家資格で高い専門知識と法的義務もあるなかなか敷居の高い資格といえます。

正規非正規の問題や仕事のキャリアを積み重ねていくことについて流動的な時代が続いていますが、これからの時代、専門的な視点からキャリアについてのアドバイスは、より重宝されてくると予見されます。

そんなキャリアカウンセラーになるにはどうしたらよいのでしょうか。

キャリアカウンセラーになるには

企業内部でキャリアのカウンセリングをする分には特に資格は必要ありません。ただ、これからキャリアカウンセラーを生業として転職しようと考えているなら、資格取得が必要でしょう。

資格を有している者のクオリティを確保するために、合格者の数を制限するかもしれない可能性があるので、資格取得を考えているなら早めに取得しておくことをおすすめします。仮に資格取得したとしても、どうやって自分自身の価値を高めていくのかも問題になるので、皆より先駆けて始める方が良いでしょう。

どのような人でも自由に目指すことができますが社会人としての経験が求められ、業務内容として若者への就職サポートが大きく割合を占めています。特に若者の適性を観察し、適切なアドバイスを与えるのは重要な仕事です。主に大学や高校などで若者へのキャリアカウンセリングを行ったり、転職したい人ともコミュニケーションを図ります。

相手と意思疎通ができるようきちんと理解できるような説明が行えるスキルが必要です。特に初めての就職活動を行う人が多いので、履歴書の書き方や面接の方法などをサポートする必要があります。採用する意欲が高い組織や企業に対しては、学生を紹介したり仲介するような窓口の役割も果たします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です